http://www.example.com/ 2005-01-01 daily 0.8


 

今、なぜ労務コンサルタントが

労使紛争の増加。

不況による人員整理。労働時間・未払い残業代。
管理監督者問題。セクハラ・パワハラ。

他にも労働者を取り巻く問題はたくさんあります。
これらの問題は訴訟の対象となります。

訴えられた場合には、会社側はいくらかの出費は覚悟しなければなりません。
多額になれば会社の経営にも影響します。
なによりも何ら生産性のない問題に時間を割かなければならないのです。

多くの場合は事前に対応することが可能です。
またその損害をできるだけ少なくするためにも事前の対応が必要です。

労使紛争を未然に防ぐお手伝いをするのが社労士の仕事です。
事前に対応することで、会社を守ります。
経営者の労務問題への負担を少なくすることができます。


労使紛争が起こってからでは手遅れです。

主な業務内容

201203071220_1.jpg

 






詳しい業務内容は こちら

社会保険労務士の仕事

労働基準法をはじめとして、企業と働く人との間にはさまざまな法律が定められています。
この法律を守ることは、経営者と従業員等が信頼しあって仕事をしていくうえでは不可欠なものです。

社労士は、働くことに関する諸問題のプロです。
各種法令に沿って手続を行い、自社にあった規定や働き方を見直すことでさまざまな問題から会社を守ります。
御社の労務問題をぜひご相談ください。



 


東和通信工業㈱へのリンク

携帯サイト


PC版と同じURLです
URLをメールで送る